からんころん婚活~アラサーOLななこの婚活体験等~

婚活アプリで彼ができました→別れました。体験談等を書き連ねようと思います。

婚活におけるスペックについて考えること

昨晩帰って来て21時に寝てしまい、
深夜1時に起きて眠れなくなりました故、
もやもやっと悩んでた婚活におけるいわゆるスペックついて
書こうと思いますー。

ここでは
私の理想としていたスペック、
実際に婚活する際に最低要件としたスペック、
今の彼のスペックについて、
今の心境について等を
つらつら書けたらと思います。


※人に対してスペックという言葉で評価することについて、憚れることがありますが
婚活においては解りやすいので、使用させていただきます。
ただなんか当たり前に使っちゃう自分が怖いので
(現に当たり前にツイートしてた。)
自戒の意味も込めて前置き!!
これを書いたら封印しよう。


※自分自身の思考の整理と、
今後そんなこだわりを捨てていけたらいいと思って書きます。
付き合った当初もやもやとしてました。

ちゃんと自分が何を大切にするか見極めなければ!

大事なのはいまここにいる相手と自分であり、
余計なフィルターが本当に大切なものを見えなくてしている。
ただ、フィルター取っ払うためには
どうしてそう思うのかというところ、思考やそれに至ったバックボーンを深く掘り下げなければならぬ!!と思ったのです。
乱文すみません。。眠れなくてハイな頭で書き上げました。めちゃ長いです。

【婚活において理想としていたスペック】
どれほどのものを求めるかは
人によって異なると思いますが、
私の場合、理想としていたスペックは下記通りでした。
学歴→march以上
収入→450万円以上

実際に収入はまぁ正社員で日本の平均450万円以上であればいいかなぁと思っていました。
しかし学歴はできたら私より上がいい、
でも自分の持ってる以上のものを相手に求めるのはよくないと思ったのでmarch以上を理想としました。

【なぜ学歴にこだわってしまうのか。私の思考】
ではなぜ自分より高い学歴だったらいいなぁをと思ってしまうのか。
と、自己分析をしたところ
下記理由があるのだと思います。

①学歴が高いと尊敬できるという思考があった
お相手に何を求めるのかの1つに「尊敬できる人」であること。が私にはあります。

学歴が高いというのは、それだけで分かりやすく尊敬できる物差しになんとなーくなってしまってました。

学歴における尊敬ポイントは下記二点です。
・私より学歴が高い→私より頭がよい人&私よりなんでも知ってそうなので尊敬。
・学歴が高いというのは、一部の天才やエスカレーターの人を除いて、その人がいかに高校のときに努力できたか、向上心をもっていたかの結果である。
努力も才能だし、やりぬく力もかっこいいしなので尊敬。


②自分が旧帝大早慶に行きたかったという憧れの気持ちや学歴コンプレックスから。

私は一浪したうえで、
行きたかった旧帝大にいけませんでした。

結局私立に行きましたが、
私立にいくなら、五教科七科目勉強する必要はなく、3科目でよかった。
3科目でよかったなら、それに絞って勉強すれば
そもそも早慶に行けたのでないか。とひどい妄想をしてたこともありました。

地方は国立大第一主義なところが
あります。(現に現役のときに私立受験せず)
東京の大学にきて、
こっちの子は3科目しか勉強しないでこの大学に来ている。
私の受験勉強、特に浪人のときはほぼ数学を勉強したよー苦手なのにあれは無駄だったのかぐすん。笑 とずっと思ってました。

自分の実力のなさと
選択の結果に対する責任を
棚にあげた被害妄想ですね。

でも結果的に卒業した大学でよかったというのは、
心から思います。

財産とも言える尊敬できる大切な友人たちができました(>_<)

勉強するのがとても楽しい学生生活でした。

あれ、話が横にそれましたが、
要は自分が行きたかったため、
尊敬と憧れが強いのだと思います**

Twitterでフォローさせていただいてる方で
下記のようにツイートされてる方がいました。
『 ほんとの高学歴は人の学歴なんか気にしない気がします(°_°)中途半端な学歴(失礼)な方ほど気にしているような…(°_°)』

ほんとそうだなって思った!!
私が学歴にこだわってしまっていた思考は、
憧憬と自身への学歴コンプレックスから来るものでないかと思いました。

そんな余計な思考はいらない!!
手放さなければ!!!手放します!!

③親、兄弟が高学歴であり、親を喜ばせたいという思いから。
うちの父親、弟二人はハイスペックです。
(余談ですが弟二人はかつイケメンです(。・ω・。)おすすめ物件です**笑)

身近にいる男性陣、特に家族というのは
どうしてもはじめは基準にもなり得ちゃうものでないでしょうか。

そして私は長女だからなのか、
父親が好きで父親に喜んでもらいたいという思いがとても強いです。

行きたい大学は父親の期待もありましたし
行けなかったことは
それに応えられなかったということで
とても申し訳なく思っています。

従って、高学歴な彼を連れて来たら、
父親は喜んでくれるという思いがあるのだと思います。

(しかしながら、この親を気にする。という思考は脱したい。この捕らわれた思いから抜け出すために、瞑想とヨガを続けます。)

【実際の婚活においてはどれほどのスペックをラインとしたか】
上記に理想としたスペックを書き、
特に学歴を重視してしまう思考があったと書きましたが
では実際にどこをラインとしたかというと、
下記通りです。

学歴→大卒以上
年収→400万円以上

この二つの要件を満たした場合で、
誠実そうかどうかや趣味や外見(生理的に無理そうな人を除外)を考慮させていただき
いいねを返しました。

各項目についての基準とした理由は下記通りです。

■学歴について
私はアプリを主なツールとして婚活してました。
が、アプリだとハイスペックな人しか学歴(大学名)を明記していません。

従ってそもそも大学名を判断できずだったので、
必然的に大卒以上であればおっけーとなりました。

実際のところ、
過去に付き合った人は地方の聞いたことない大学でしたが
勉強が好きでしっかりと大学でも自分のやりたいことを勉強してきてて、
人としてもめちゃ尊敬できたため、
結局好きになってしまえば学歴は関係ないという、自分がいるのも分かっていました。(彼にはフラれました(。-_-。))

(またここで、専門卒.高卒の人ではだめなのかという視点について書きますと、
結婚したときの子供の教育における価値観の相違が
ある可能性が見込まれるのではいかと勝手ながら思い、除外させていただきました。

私は自らが大学に行って勉強できて
本当によかったと思っています。ので、子供にも大学進学を希望します。それ故、本価値観を共有しやすい人という観点から、大卒の方を希望しました)

■年収について
年収が多いに越したことはないと思います。

が、私も定年まで働くつもりなので、
ここは世帯年収にかけようと思いました。
(特に私の年収がいいわけではありませんが正社員二人いればなんとかなるという発想。)

年収フィルターによって、
出会えたかもしれない素敵な人と出会えなくなるのは避けたかったです。

ここでご紹介したい漫画があります。

婚活再起動にあたって私にやる気をくださった漫画です。笑 (また別途ご紹介したいです!)

御手洗直子さんの
『31歳BLマンが家が婚活するとこうなる』という漫画です。

この漫画のおかげで 年収にしばられないと
いい人に巡り会えるというイメージが
きらきらと降りてきました。笑



この漫画は筆者の直子さんの体験記です。

直子さんは初め年収フィルターをかけて
お相手と会っていましたが、
人間的に変な人(傲慢な人や)しか出会えませんでした。

直子さん曰く、『一夫多妻系、まさかの年収一千万貧乏系等』の曰く付き男子(´・_・`)

そして年収フィルターをはずした途端に
「チャンネルを切り替えたかのように、堅実・謙虚で素敵な男子たちが!!!」(105ページ引用)

っていうのをみて、
ふむふむそうだねそうだねそうだね!!!!笑 と思って
年収は自分の思う必要最低限を設定しました。

【今の彼のスペックについて】
では、今の彼はどんなかんじかと言いますと、
大学は地方の私立大学(私は知らなかった)で
年収は私と同じくらいでいたって平均です。

ラインを設定していたのだから、
納得したうえで、出会ったので
何を今更もやもやしてるかーいと思われるかもしれませんが、
理屈と感情が一致しないことってありますよね。

何回かデートを重ねる間、
もやもやもやもやしてました。

もやもやポイントは下記二点。

一つはやっぱりもし結婚するとしたら、
親はどう思うかなぁと思った。親に紹介しずらいなぁ。学歴的に。
親戚の配偶者もみんな学歴高いので。。
やはり気にしちゃいます。まだ思考を完全に手放せない。

二つ目はまぁ学歴に含まれるのですが
彼の勉強に対する姿勢。
正直初めに一番もやもやしたのはこれです。
聞いたことない大学出身の彼。
でもそしたらこの人は勉強もせずに、
学生のときに一体何をしてきたんだろうかと
思ってしまったのです。

学歴がそんなに高くないということは、
高校のときに、
勉強に対して注力してなかったということです。

それでも、勉強はしてなくても、
部活に一球入魂だったよ!!
というなら、十分きゅんポイントだし、理解できるしむしろかっこいい。

我が家はめちゃ体育会系なので、
全員運動部。

弟たちも幼少からサッカーをやってました。
私もバスケ部で部活大好きで、打ち込んでました。

別に運動でなくてもいい。バンドでも吹奏楽でもパソコンでもいいのですが、
打ち込んでるものがあれば無為な学生生活ではなかったはずです。

しかしながら
彼は帰宅部かつ中高エスカレーターで
いつも赤点ぎりぎりだったっていうんです。笑

学生生活は帰宅部。ほんとなんもしてないらしい。

もやもや。。

し、信じられない。笑

何も打ち込まない学生生活なんて。笑

部活も勉強も全力投球してきた私にとって
とても相容れがたく思ってしまったのです。

もやもやもやもやしておりました。

【もやもやをどうやって解消したか。】
じゃあもやもやは
どうやって消えたのか。

それは学歴とか学生生活どうやって過ごしてきたかとか、年収とか以上に
彼の人柄が誠実で素敵だったからです!!。笑

結局、これです(。-_-。)

彼は強烈な向上心はないけれど、
熱烈に打ち込んだものはなかったけれど
映画と音楽と洋服が好きな
大層穏やかな方でした。
現在の仕事も楽しんでやってます。
また、とっても誠実だし、
優しいけど自分の価値観はしっかり持ってるし、
将来家族を一番大事にしたいと思っている人です。
さらに私のことをとても大切に思ってくれています。

不安にならないこと
安心感があること
が、何よりも大切と思えたのでした。

【結論 スペックという思考を手放す!何よりも彼の人柄が大切!!】
ということで、
結論はこんなかんじ(。・ω・。)

付き合った当初もやもやとしてました。

でも今は全然気にしない!!!

スペック、学歴思考は手放して
彼と結婚することになったら
親にも堂々と紹介するのだ!!

っていう前向きな気持ちにみちみちてますが、
また気にしちゃうときがくるかもしれないから
心の整理でした。

また悩んだときは読み返そう。

そして結婚前提で書いてますが、
まだ付き合って1ヶ月もたたず。笑

区役所に行くまでが婚活です(。・ω・。)

引続き感謝の気持ちをもって
彼といい関係を築きたいとや思います**